MEDIA

  • FOREVER JAPAN Ahn Jae Wook Official Fanclub 入会はこちらから
  • AHN JAE WOOK OFFICIAL GOODS
  • AHN JAE WOOK OFFICIAL BLOG

ALL

2018年11月30日

コンサート会場のようなミュージカル'光化門恋歌'

[朝鮮日報 ヤン・スンジュ記者 2018.11.30]

 

"徳壽宮 石垣に未だ残りて~ ♬" ペンライトを振り合唱
映画に続きミュージカルもSING ALONG…20代中半から中年まで全員起立しイ・ムンセの歌を歌い追憶の旅

 

"声高く呼んでみても~ 答えはなく夕陽だけが燃える~."

28日の夜10時30分ソウル新道林ディーキューブアートセンター。ミュージカル'光化門恋歌' 後援が終わった後, 観客は席を立つ代わりにブルーのペンライトを手にした。俳優と観客が一緒に公演収録曲を歌う'SING ALONGカーテンコール' イベント。彼らは約10分間俳優アン・ジェウク, 歌手イ・ソクフンなど出演陣と一緒に'赤い夕陽' '深い夜を越えて'などイ・ムンセのヒット曲2曲を続けて'合唱'した。俳優たちが"2階の客席声を大きく!" "もっと大きく!"を叫び盛り上げるとあたかもイ・ムンセのコンサート会場を彷彿とさせる歓声が沸き上がった。観客のキム・テグァン(52)氏は"ミュージカルにはまったく関心がなかったが, 妻が 'あなたが好きな歌を楽しく歌う時間がある'고と言われて一緒に来てみた""数百人が一緒に高らかに歌い上げると昔のことが思い出されストレスも一気に吹き飛んだ思い"と述べた。アン・ジェウクは"観客と一緒に歌うと胸が熱くなった。俳優たちにも忘れられない想い出になるだろう"と語った。

28日の夜ソウル新道林のディーキューブアートセンターで開かれたミュージカル光化門恋歌’ SING ALONGカーテンコールで観客が大きな声で合掌している /イ・ジンハン記者

 

 

今月の3日に開幕した'光化門恋歌'故イ・ヨンフンが作曲しイ・ムンセが歌った歌で構成されたジュークボックスミュージカル。中年作曲家'ミョンウ'が死の1分前愛の神'ウォルハ'に会い初恋の女'スア'にまつわる追憶に戻るというあらすじで, '少女' '秋が来れば' '雨の中で' などイ・ムンセのヒット曲20曲あまりが途切れなく流れる。1980~90年代を背景にした内容とイ・ムナセの極のおかげで中年の客層が極めて多いのが特徴。11月の最終週インターパーク基準前売率上位圏(1~10) ミュージカルの50代平均前売率が4.6%であるのに比べ'光化門恋歌'50代前売率は12.1%に達する。SING ALONG導入に関連, 制作会社CJ ENMのパク・ジョンファン公演コミュニケーションチーム長は"馴染み深い歌が多いので既存の公演会場でもあいだあいだで歌を一緒に口ずさむ中年観客が多かった""イ・ムンセの歌は中壮年観客はもちろん2030代にも馴染み深いほうなので全世代が参加するSING ALONG イベントが可能だった"と説明した。光化門恋歌側は来月5日と12日の公演でもSING ALONGカーテンコールを行う予定。

‘光化門恋歌’ 後援の様子。イ・ムンセのヒット曲と共に1980~1990年代を背景にした愛の物語が繰り広げられる /CJ ENM

 

SING ALONG熱風は最近伝説的なロックバンドクイーンの音楽を扱った映画'ボヘミアン・ラプソディー'が火を付けた。クイーンの歌を一緒に歌いたい"という観客の要求が高まると一部の映画館が'SING ALONG上映館'を出し, 口コミが広がって映画は観客500万人をとっぱした。ミュージカル評論家のウォン・ジョンウォン順川香大学教授は"過去に比べ能動的に公演に参加したいという観客が増えSING ALONGのような観客参加型イベントが増えるだろう"と語った。



 

↑