MEDIA

  • FOREVER JAPAN Ahn Jae Wook Official Fanclub 入会はこちらから
  • AHN JAE WOOK OFFICIAL GOODS
  • AHN JAE WOOK OFFICIAL BLOG

ALL

2018年10月02日

詩を詠むような旋律で…アン・ジェウク, イ・ゴンミョン, カン・ピルソクの'光化門恋歌' リリックポスター

[韓国政経新聞=イ・スルギ記者 2018.10.2]

 

ミュージカル'光化門恋歌は故イ・ヨンフン作曲家が書いた歌詞と出演俳優15人のキャラクターが組み合わされたリリックポスター(Lyric Poster)’を公開した。

もう恋しさはそのまま私の心の中にしまいこもう。君が恋しくなっても振り向かないように”. 故イ・ヨンフン作曲家のヒット曲昔の愛の歌詞は中年ミョンウ役のアン・ジェウク, イ・ゴンミョン, カンナ・ピルソクのキャラクタポスターと相まって死を控え若い頃の初恋に対する切ない思いを静かに伝えている。

初々しい爽やかさと純粋さが際立つ若いミョンウ役のチョン・ウクジンとイ・チャンドンのリリックポスターは赤い夕陽の歌詞あの無言の夕陽だけが赤く燃えているがと特有の元気で愛らしい姿が込められた若いスア役のリンジ, イ・ボムソリのリリックポスターに込められた少女の歌詞取り戻したい昔の想い出を空に描くと相まって純粋でより切なかった若い頃を思い起こしてくれる。

チョンヨンとチャン・ウナはミョンウのそばを守る妻シヨン役で記憶とは愛よりもの歌詞が込められたリリックポスターで哀切で抒情的な雰囲気を醸し出し, ‘チュンゴン役のオ・ウォンソクは互いがの歌詞で長い歳月と深みのある円熟さを表現している。

 

<p style="margin-top:7.5pt;margin-right:0mm;margin-bottom:0mm;margin-left:0mm; margin-bottom:.0001pt;line-height:22.8pt;vertical-align:baseline;border-image-outset: 0; border-image-repeat: stretch;border-image-slice: 100%;border-image-source: none; border-image-width: 1;Roboto" "noto="" sans="" kr""nanum="" gothic"="" malgun="" gothic,맑은고딕,굴림,돋움,dotum,sans-serif;font-size-adjust:="" none;font-stretch:="" 100%;="" orphans:="" 2;-webkit-text-stroke-width:="" 0px;word-spacing:0px"="">ミュージカル'光化門恋歌'は臨終を控えた主人公ミョンウが死ぬ最後の1分間人の縁を管掌するウォルハの手招きで自分の若い頃に向かい合う物語を描いている。来る112日から2019 120日まで新道林ディーキューブアートセンターで上演される。

↑